ホーム > 2010年1月

ひとりの時間

2010年1月26日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

ここのところ
四ッ谷三丁目で店番を始めたので
しばらく新潟に帰れない。
きっとうちの入口は雪が積もりに積もって
巨大マシュマロみたいになっているだろう。
凍ってないといいのだけれど。
-
でもひさびさの店番は意外と楽しい。
大きなお客さんが来て
八海山尊神社の猫のお札を欲しがっていた。
南魚沼まで来れば誰でも購入できるのだが
版木が古くなって猫の絵の部分が
かなり擦り切れ始めている。
昨年の春頃には輪郭のシャープさが失われ
かなり丸っこくなっていた。
-
お札といえば寛永寺の豆大師のお札を
T氏が今日持ってきてくれた。
リーゼント?の大師が33人並んでいる。
-
輝面比79.978%

100126-1.jpg

迷信

2010年1月21日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

今日の花は雪柳=小米花(こごめばな)。
花言葉は静かな思い。
薔薇科。
学名:spiraea thunbergii。
spiraeaはらせん、輪。

季節の野菜図鑑

2010年1月21日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

新潟のO印刷から送られてきた
今年のカレンダーがちょっと変わっていた。
印刷会社の所在する新潟市西区で採れる
地元野菜の育ちを紹介しつつ
その野菜の歴史などのコメントが書いてある
なんだか役立ちそうなカレンダー。
さすがO印刷、深い色調でとてもきれいな印刷。
-
ネギの月。

100121-1.jpg

100121-2.jpg

-
ペラペラ捲って眺めていると
父が横からのぞいてきて一言。
「野菜の写真はモノクロではだめだてー(方言)」
農家にとってはおいしそうに見えて欲しいのが一番
→カラーで見せたいに違いない
→モノクロではおいしさ半減、と言いたかったわけだ。
たしかに野菜の色素にはフィトケミカルが秘められている。
例えば「赤色」は鳥たちに種子を運んでもらうために
「食べてもいいですよー」というサインをだしている。
鳥たちは赤色を識別できるのだ。
そして果実が成熟するにしたがって
赤色の成分、リコピンやカロテノイドは
紫外線や活性酸素から植物の細胞や種子を守ったりもしている。
それをあたしたちがちょいと拝借して
抗酸化力としてとりいれるのだ。
赤色を見れば前向きな気持ちになったり
闘志みなぎったり温かい気持ちになったり
お腹がすいたり?特別な気持ちになったり。
やっぱり色素って影響が大きいのだろうか。
でもこのカレンダーは色を想像して楽しめるので
お気に入り箱に入れている。

● やや強い雨

2010年1月20日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

4年前の今日、この時間
施工立ち会い(の手伝い)で
アムスーフローニンゲンを列車で往来。
新潟に勝るとも劣らない極寒の地。
野菜料理は豆ばかり。
-
仮設のStedelijk Museumより望む。
courtesy of オタ

100120-1.jpg

shoveller

2010年1月19日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

輝面比12.701%
-
今日の石言葉:高次元の意識
-
新宿のある占い師によると
あたしに必要なものは
木彫りのクマとこけしと言われた。
なんで集めてるのを知ってるんだろう。
田舎で畑仕事、向いていると言われた。
-
雪は小康状態。
太陽黄径300度、大寒。
-
オタの雪かき風景。
しっかり腰が入ってる。
毎朝雪かきしないと表へ出られない。

100119-1.jpg

100119-2.jpg

Beware of the dog

2010年1月17日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

犬に雪が10センチほど積もっていた。
動かなかったの?
寒いだワン。

100117-1.jpg


2010年1月16日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

昨夜は新月。
アフリカでは金環日食。
-
セシル・バルモンドが導く世界
自然の秩序、囁き、渾沌。
カオスは原初の神様。
人が作ることができないものだと
つくづく思う。
秩序を作ることができても。
うちの畑にもカオスを。
-
フラクタルな川の流れに転がる
フラクタルな巨石の写真。

100116-1.jpg

It's snowing.

2010年1月14日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

今、テレビのニュースで
新潟・津南町に283センチの積雪と報じられていた。
八海山の麓も津南と同じくらい雪深いところなので
おそらくそのくらい積もっているのだろう。
数年前の3月、新潟・松之山に行ったときは
500センチ弱の積雪だった。
新宿は今日、快晴だった。
最近は4時に起きて暗闇の中をひとりで歩いている。

lu' ? n?r

2010年1月13日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

陰月期。
動物性食品を控えて野菜を食べる。
ネトルティをたくさん飲む。
静かに穏やかに過ごす。
輝面比11.927%
-
そろそろお送りできる野菜がなくなってきました。
現在お送りできるのは自慢のキャベツです。
蝶々がつかないように
ネットをつけて育てたかわゆい子たちです。
キャベツ大好きという方がいらっしゃいましたら2-3個お送りいたします。
昨年はいろいろな方に野菜をもらっていただいたおかげで
余ることなく上手に消費しています。
皆さま、どうもありがとうございました!
しばらく雪の季節になりますので畑の状況はお届けできませんが
たまにメモをのぞいてください。
降り積もる雪の情報、雪国の暮らしなどをお伝えします。
新潟の春は5月からです。
今年は苗植えツアーを組もうと思います。
詳しくはまた春先にここでお伝えします。

雪と水があまりあるこの地域

2010年1月 8日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

100108-1.jpg

近所のぶどう畑。
ここでワインが作られている。
雪氷室(ゆきひむろ)があり
冬の間に貯めた雪の冷気で
1年中低温を保つことができる。
CO2を排出しない
寒冷地ならではのクリーンエネルギーだ。
この方法を使って夏の間の冷房に利用したらさぞ快適だろう。
-
洞爺湖サミットの時に、メディアセンターを雪冷房で冷やす
という話があったが実際はどうだったのだろうか。
その雪を山から大量に集めるために
大型ダンプをたくさん走らせたとかなんとか。
寒冷地にメディアセンターなどのサーバーを作るのは
冷却の効率化として良いアイデアだと思う。
-
輝面比42.778%

車窓より

2010年1月 5日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

100105-2.jpg

車で走っていると速度感覚がない。
-
どこを走ってもモノクロームの世界。
ここで育っていたら
ミニマリストよりほかになりようがない。

100105-1.jpg

石の日

2010年1月 4日 nnkkr | | コメント(1) | トラックバック(0)

キャベツがとても甘い。
雪にさらされたせいなのだろうか。
私が好きなのは蒸しキャベツ。
蒸し器で3分くらい。
-
キャベツには蝶がつかないように
覆いをして過保護に育っている。
-
現在お送りできるのは
キャベツとさつまいも、にんじん、大根。
だんだん種類が少なくなってきている。
-
輝面比80.252%。


ロシア帽とミノムシ・コート

2010年1月 4日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

今年もヨロシクお願いいたします。
-
猛吹雪の年明け。
満月のはずなんだけど
ホワイトアウトしてる。
-
一晩で1メートル積もる。

100104-1.jpg

-
夜中の散歩。
積雪量はすでに私の身長
つまり165センチくらい。
背後の少し高くなっているところは
2メートルを優に超える。

100104-2.jpg

-
家の中で身体が凍るかもしれない。
さつまいもにあたたかい毛布をかける。

100104-3.jpg