ホーム > 2010年2月

小さな芽

2010年2月26日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

寒いところで思考は冴えるが
寒すぎるところでは思考・身体機能停止で
ほとんど冬眠状態。
絹の靴下重ね履きにハラマキ
背中と腰にカイロと重装備で挑むも
どうにもストーブの前から離れられない。
雪かきをすればしばらくは身体が温まるのだが
仕事/読書をしようとじっとすれば
たちまち身体が固まる。
お風呂に入ろうとすれば
決死の覚悟で服を脱ぎ捨てないとならないが
追い炊きできるお風呂がないのが辛い。
-
しかし積雪は一月頃の2/3程度に消え
とはいえまだ2メートル以上は積もっているが
少しは春に向けての準備が整いつつある。
-
家の畑の道路際
ちょうど雪庇落としをしていたところの雪をかきだし
ひさしぶりに土を露わにする。
棒きれとビニルで即席ミニハウス。
しばらくのあいだこの中で春用菜っ葉を育てる。

おみやげ展へのおみやげ

2010年2月 5日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

店番をしていたら
屋久島からお客さんが来た。
自分でもいできたという
屋久島タンカンをくれた。
生まれて初めてタンカンを食べたが
あまりのおいしさに
椅子から転げ落ちそうだった。
ポンカンとネーブルの自然交配だそうで
とっても甘くて濃くてみずみずしい。
早速ネットで調べたところ
ちょうど今がシーズン。
おいしそうなのを見繕って
注文をしてみた。
新潟でも作りたいけれど
きっと南の国の果実なんだろう。

100205-1.jpg


自然律

2010年2月 2日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

店番交替後、近所のギャラリー巡りをしていたつもりが
いつの間にか道に迷ってしまい
どん詰まりの袋小路へ。
その辺りのなんだか重い空気に当てられて
足がだるく背中が痛い。
どうにかこうにかまともな道に出て
ほかの町まで移動したが
廃墟の元大使館、六本木六丁目と
これまたヤバイところへ行ってしまい
負の一日を過ごした。
とんでもなくエネルギーを消耗し
タクシーで帰宅。
家に帰って白セージで浄化。
-
仮の仮の住まいで過ごして早9ヶ月間。
東の方面で少し部屋探しをしたりもしたが
もう引越しをする気持ちが失せていることに気がつき
仕方なくこの仮の仮の住まいを片付けて住むことにした。
新宿からは離れがたい。
とにかくたくさんある本を新潟の書庫へ送り
眠るスペース/食事を作るスペース
食べるスペース/仕事をするスペース
を確保することができた。
この仮の仮の住まい(これからは単に新宿の部屋と呼ぶ)の玄関扉前に
新潟から送られてきたタマネギを放置していたら
いつの間にか大きく成長していた。


仮の仮住まいである内はここでは料理をするまいと
ヘンテコな規律を自分で作っていたので
タマネギを食べる機会がなく、なんとなく伸びた。
玄関前に置いたのは、辛み成分・硫化アリルが
魔(?)除けにでもなるかな、と。
今更廃棄するのも可哀相なのでしばらくこのままにしようと思うが
実の部分がスカスカになってしまい
もうこれ以上の成長は望めそうにない。

destroyer

2010年2月 2日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

ついに新宿にも雪が降った。
雨が霙となり湿雪に変わった。
積もるだろうか。
大雪注意報発令。

100201-1.jpg

-
下の図版は大日本帝国海軍駆逐艦・雪風。
吹雪とか冬月とか初霜とか
一等駆逐艦の艦名には
天象気象が使われていた。
二等駆逐艦は桃、樺など草木の名前。
水雷艇は鳥の名前。

100201-2.jpg

-
相変わらずの店番。
この天候ではさすがに客足が遠のく。
-
新潟の父のカメラがついに壊れた。
部品もなく修理もできないので
初めてのデジカメをプレゼントすることにした。
春には父の写真も
ここにアップできるかもしれない。