ホーム > 2011年11月

mon chou

2011年11月12日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

111112-1.JPG

キャベツがぎゅっと巻いてきた。
葉を触るときゅっきゅと鳴る。
-
「月とキャベツ」でもぎり嬢をしていたなぁなどと思い出す。
-
しばらく西〜南方へ出ます。
次に野菜をお送りできるのは11月末ごろからです。
その頃には春菊や白菜も食べ盛りになるでしょう。

どんな感じ

2011年11月12日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

家の畑?
こんな感じ。

111111-1.JPG

先日の頼りないたまねぎもこの通り、しゃんとした。

111111-2.JPG

いつにもましてますます大きな月。

白無垢

2011年11月10日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

収穫した白ごま約一升分が大阪へお嫁に行った。
昨年同様、おいしい焼き菓子になることでしょう。
直売所でくるみがたくさん売られていたので
ともに嫁ぐことになった。
-
朝の散歩道にくるみの殻が落ちているのは
誰の仕業だ?

o na be

2011年11月10日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

長ネギは何度も土寄せすることによって
どんどん太く甘くなる。
土寄せをするときはそっと声をかけながら。

111110-2.JPG

一番楽しいのは引っこ抜くとき。
盛り上がった山からスポッと簡単に抜ける。
土の下に隠れていた部分は見事に真っ白。
ここは茎ではなく、実は葉に分類される。
関西では青いネギが多いように思うが
土寄せはしないのだろうか。
やっぱり今日もお鍋。
緑の部分もくたくたに煮ると柔らかくなっておいしい。

→→

2011年11月10日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

111110-1.JPG

山々は少しずつ色づき始めたが
頂にはすでに雪が積もっている。
秋を見ないうちにもう冬だ。
畑の冬支度は終わったが
どの家も庭の冬支度、雪囲いも終えようとしている。
木に屋根がかけられたり、
わら縄でぐるぐる巻きにされたり。
小さな枝の植栽にも縄がかけられる。
その様は長いネジが地球に突き刺さったみたいで異様な風景。
これで3メートルにも及ぶ雪の重みに耐えるんだから
植物の枝ってしなやか。
-
輝面比98.754%

葱頭中毒

2011年11月 7日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

たまねぎ。
ひよひよーと頼りなさげですが、
今日のひと雨でぐっと葉が持ち上がるはず。
畝のあいだに敷いているのはゴマのがら。

111107-2.JPG


馬のはな先

2011年11月 7日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

111107-1.JPG

にんじん。
葉っぱは油炒めや天ぷら、かき揚げ。
生のまま刻んでパセリがわりにもなる。
芹のようなさわやかさ。
でも食べきれないほど葉っぱがあるけれど。
ビタミンB2、C、カルシウムが豊富。
-
東洋系細長にんじんと西洋系丸いにんじんの2種を栽培中。
丸いにんじんはなかなかきれいな形にならない。
どちらかというとデコボコ型。

あれ?

2011年11月 5日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

吹田くわいの収穫。
夏には順調に大きな葉が出て、
秋には順調に枯れていった。
吹田市のウェブサイトによると
そろそろ収穫しどき。
そっと根っこを掘ってみると...
小さいくわいが2個。
あれれ?たくさん実がついているものと思っていた。
とてもうまく育っているように思えたのだが
いったいどこへ行ったのだろう。
土の中に大きなミミズが寝ていた。

GM

2011年11月 5日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

冬の畑も案外緑が多い。
キャベツ。
めきめき大きく広がる。

111105-1.JPG

ごぼうを掘る。
長いのは掘るのが大変。
細いのも刻んで香り付けによし。

111105-2.JPG

白菜、タマネギ、にんにく、春菊、夏菜
にんじん、長ネギの土寄せ。
あと苔の整理。
-
近所の家々は雪囲いを始めた。
八海山には紅葉が訪れ、
公園の銀杏もレモン色。
-
輝面比71.241%
次の満月にはまた西方〜南方へ旅にでるので
それまでにやることはまだまだある。