ホーム > 2012年7月

green lady

2012年7月19日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

枝豆の芽が出て、ごまの花が咲いて
毎日暑くて暑くて。
夕方に水まきをしたついでに水浴びをしている。
-
きゅうりがどんどん採れるので
水がわりにぽりぽりと食べている。
夏が終わるころには顔が緑になりそう。
きゅうりは品種が多くて500種以上あると言われている。
世界中で食べられているのだろうか。
-
採れたばかりのきゅうりにはとげのようなものがある。
ばらのとげのように、指に突き刺さる。
畑に来るかわいい盗人から身を守っているのだろうか。

120719-1.JPG

-
カエルが窓辺に住み着いて昼寝をしている。
毎年同じ場所で。
-
輝面比0.003%
黄色のゆりの花言葉は、飾らぬ美。

夏野菜

2012年7月11日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

夏野菜がだんだんと出揃ってきました。
現在お送りできるものは
トマト、きゅうり、なす、ピーマン、
ほうれん草、春菊、たまねぎ、にんにく、
コリアンダー、カモミール、レモンバーム。
まだ小さいものもあるので、その日によって見繕ってお送りします。

120711-4.JPG

コーンスープたくさん飲める

2012年7月11日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

トマト第一号。
桃太郎。

120711-1.JPG

第二号は黒トマトになりそうだ。
なぜか黒トマトの方が成長が早かった。
-
枝豆の種蒔き。
今年は秘伝と黒豆の2種。
鳥についばまれないように糸を張る必要がある。
-
とうもろこしの土寄せ。
ひと雨降ったらめきめきと背が伸びた。

120711-2.JPG

こんな具合に。

120711-3.JPG

このとうもろこしは一番手。
二番手は現在芽が出たところ。
-
カノコソウの花言葉は、真実の愛情。
輝面比:45.843%
下弦。

雲で蓋

2012年7月 6日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

120705-1.JPG

蕗の傘で梅雨をしのごう。
-
インディアンの涙の石言葉は、摩訶不思議。

晴耕雨読

2012年7月 6日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

この季節、山の楽しみとして野いちごがある。
野いちごといういちごはないが
草いちごとかへびいちごとかのあれである。
そして、「いちご落とし」というマタギ言葉がある。
親熊が子熊を野いちごのたくさん実る場所へ連れて行き
子熊が我を忘れ夢中になってそれを食べている間に
そっとその場を去る、子別れの儀式。
-
wakayama43.jpg
母熊とその背中で無心に遊ぶ子熊
(紀伊山地野鳥獣保護友の会シンボルマーク)

棚機津女

2012年7月 4日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

たまねぎの収穫。

120703-1.JPG

-
山の畑のさつまいもの畝にとんでもなく雑草が生えてきた。

120703-2.JPG

緑のカーペットの上がさいまいもの成育スペース。
緑の大半が雑草。
その合間にさつまいもの苗がちらほら。
うっかりしていると雑草に負けてしまいそう。
ここは手でひとつひとつ雑草をとるほかない。
今回がんばってとれば徐々にさつまいもの苗が育ち
雑草より優勢になってくるだろう。
カーペットとカーペットの間は耕耘機が入れるので
今のところ雑草はなし。
-
荒れ地。

120703-3.JPG

輝面比99.926%
七夕百合の花言葉は、慈悲深さ。