ホーム > 2012年8月

Emerald City

2012年8月16日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

八海山を眺めていると

120816-1.JPG

あれ?

120816-2.JPG

祈り

2012年8月15日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

現在お送りできる野菜は
トウモロコシ、じゃがいも(18日以降)、玉ねぎ、にんにく
トマト、韓国きゅうり、なす、ピーマン、パクチー
ミント、レモンバーム
などになります。
収穫時の天気によってお送りできないものもあります。

疾走

2012年8月15日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

トウモロコシ全盛期。
本当に柔らかくておいしい時期は短い。
一瞬にして皮が少しずつ固くなりつつある。
でもスープやパンなどこれからまだまだ冬まで楽しめる。
毎日毎食トウモロコシ三昧。
虫くんも。
-
オクラが天に向かって伸びてきた。

120815-1.JPG

-
トマトは水や雨に当たると皮が弾ける。
もいだらそっと洗う。

120815-2.JPG

-
オクラときゅうりと韓国きゅうり。

120815-3.JPG

-
輝面比8.091%
エリンギウムの花言葉は、光を求める。

陽ざし

2012年8月10日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

レモンイエローのも咲いた。

120810-1.JPG

-
山の田んぼは整然と。
今年は田植えを手伝えなかったので眺めるだけ。
寒暖差が激しい夏になったので
きっとおいしいお米になるだろう。

120810-2.JPG

-
畳でごろんと、風鈴がちりんと。

120810-3.JPG

大きめのスイカ。
大きいスイカではなく、小玉スイカでもなく、大きめ。
ここは八色スイカの産地。
町のあちこちにスイカ無人販売所がある。
畑脇にもごろごろといくらでも転がっている。
数年前までスイカを育てていたが、
タヌキの襲来以降、諦めた。
対抗策は未だ見いだせない。
毎年近くで買ってきて食べようと思うのだが
一般のスイカはものすごーく消毒されている。
傍で見ているとそれは本当にものすごい量。
いくら皮が厚いとはいえ少しずつ染みこんでいるだろう。
あれを見ているとどうしても食べる気が起きない。
夏なのに。

おーいと声がこだまする

2012年8月 5日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

120805-1.JPG

きゅうりが終わりに近づいてきた。
それに代わってお隣の韓国人からいただいた
韓国きゅうり(正式名称は知りません)がモサモサと繁殖。
実は太く、種が大きい。
とにかく元気でどこまでも蔓が伸びてゆく。
気がついたら一輪車を越えて窓へまで。

120805-2.JPG

-
山道で、道路に子タヌキが倒れていた。
たぶん夜中に道路横断中、車にぶつかったのだろう。
もう固くなった小さな体を木の枝で転がしながら
お母さんの待つ山へ返した。

収穫予想

2012年8月 4日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

ひまわりが咲いた。
赤いの。

120804-1.JPG

オレンジの。

120804-2.JPG

黄色いの。

120804-3.JPG

去年のこぼれ種でちゃんとしかるべきところに咲いた。
背丈は2mくらい、大きな蜂が蜜を吸いに来る。
頭の上の方でブンブンと。
今年は種を拾わずに、またこぼれ種を期待する。
-
小さなとうもろこしが頭をもたげてきた。

120804-4.JPG

ひげはまだ生っぽいし、穂もまだ黄緑だ。
1茎あたり2本ついているうちの1本を掻き落とし
残りの1本を集中して育てる。
連日大雨洪水警報が出ているのにまったく雨が降らず
ずっと猛暑日続き。
どういう天気予報なんだろう。

120804-5.JPG

120804-6.JPG

木陰の葉の上で昼寝。
ぴたりとしがみついている。

まちどおしい

2012年8月 1日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

ブルー・ムーン、愛する人さえいないのに。

blue_moon.jpg

今月はもう一度満月の日が来る。
例えば1883年のインドネシアのクラカタウ火山の爆発は、
その後約2年間、日没を緑に、
そして月を青に変えたという。

KrakatoaEruption_tsu1883.jpg
-
枝豆は膝下くらいまで伸びた。

120801-7.JPG

新潟の枝豆は10月と遅い。
ビールと野球とそのお供というわけにはいかないのだ。
新潟の枝豆といえば茶豆。
茹でるとエビの茹で汁のような香り。
でもうちで育てているのは秘伝と黒豆。
これもおいしいのです。
-
シトリンの石言葉は、初恋の味。

once in a blue moon

2012年8月 1日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

西方から帰り、しばらく暑くて動けなくて
ひさしぶりに山の畑へ行った。
隣町は日本で二番目の高気温を記録。

120801-1.JPG

真ん中に見えるのが八海山。
頭が八つに割れている。
山伏はヒョイヒョイと岩場を飛んで歩く。
-
ごまも無事に成長。
腰丈くらいになり、花盛り。

120801-2.JPG

120801-3.jpg

ごまの花は白〜薄紫。
画像ではわかりにくいがラッパみたいな形をしている。
ごま虫はまだ出ない。
-
かぼちゃも手をどんどん伸ばしていた。
これは小さい方のかぼちゃ。

120801-4.JPG

大きくて尖った方のかぼちゃもごろごろ。
-
さつまいもはカンパチが今年はとても元気。

120801-5.JPG

種子島のはちょっと勢いが足りないような。

120801-6.JPG

でも去年もこんなだったかもしれない。
紫色の葉が美しい。
-
輝面比98.860%
おしろいばなの花言葉は、あなたを想う。
-
今日は水の日。
水無川には水が流れていない。石だけが転がる。
去年の夏は家の前の魚野川が氾濫寸前、浸水したっけ。
今年は雨がとても少ない。豪雨は怖い。
台風来ないで。