ホーム > 収穫

梅雨色

2013年6月29日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

ここのところの一日おきの雨で
きゅうりがものすごい勢いで成長している。
バリバリと思いっきり丸かじりしたり
皮を剥いて柔らかいところをそっと食べたり
とにかく顔が緑になるんじゃないかと思うくらいに
きゅうりを食べている。
おなかが空けばきゅうり。
採りたてはほんとうにみずみずしくておいしいし
果肉はやさしい薄緑色で美しい。
これを届けられないのが残念。
-
今朝、Yがトマトを初もぎした。
くるっとひねって上手にもいだ。
水で洗ったら皮がはじけた。
味はまだちょっと未熟だったが
雨もあがったしこれからは毎日トマト三昧になるだろう。
ドライトマトのストックもたくさん作れそうだ。
-
棟梁がいつのまにかパプリカを植えていた。
黄色や赤に熟す前に、
緑のままで収穫してみた。
若パプリカも甘くておいしいものだ。
-
パプリカに似たかぐらなんばんも最初のひとつを収穫。
ピリ辛の南風ソースができそう。

祈り

2012年8月15日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

現在お送りできる野菜は
トウモロコシ、じゃがいも(18日以降)、玉ねぎ、にんにく
トマト、韓国きゅうり、なす、ピーマン、パクチー
ミント、レモンバーム
などになります。
収穫時の天気によってお送りできないものもあります。

夏野菜

2012年7月11日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

夏野菜がだんだんと出揃ってきました。
現在お送りできるものは
トマト、きゅうり、なす、ピーマン、
ほうれん草、春菊、たまねぎ、にんにく、
コリアンダー、カモミール、レモンバーム。
まだ小さいものもあるので、その日によって見繕ってお送りします。

120711-4.JPG

2012年6月13日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

三度豆はぷっくりと膨らんでから収穫している。
茹でるとはじける。
yは生で食べるほど甘くておいしい。
市販のものよりも絶対的においしい。

120613-1.JPG

あっという間に私の身長ほどの背丈になった。
採っても採っても次の日には実っている。
いったいいつ成長しているのか。
日中じっと見ていてもそんなに成長が早い様子はない。
夜中のうちに成長するのだろうか?
-
春菊とほうれん草の芽がいっせいに出てきた。
左が春菊、右の2列がほうれん草。
春菊の間引き菜はそろそろ食べられる頃。

120613-2.JPG



empty-nest syndrome

2012年5月29日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

隣むらのおばあちゃんがタケノコを持ってきてくれた。
年に一度、やってくる。
今日はタケノコと鶏肉のスープ。
明日はタケノコご飯。

120529-1.JPG

-
いつもいくマーケットの天井にツバメの巣を発見。
6/22に3羽が巣立ち予定。
例年よりも5日遅いそうだ。
やはり大雪の影響か。
見えてる頭は親鳥。

120529-2.JPG

heart

2012年5月14日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

すっかしは酸っぱくて果物みたい。
胸がキュンとする味。

120514-3.JPG

それだけあってもすぐに

2012年5月14日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

ウドはきんぴらと天ぷら。

120514-2.JPG

めとみ

2012年5月14日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

耕耘機を修理してくれたおじさんが
山で採ったウドとこごみを持ってきてくれた。
こごみは油炒め、クルミ味噌和え、天ぷら。

120514-1.JPG

───山のものは一晩で山へ帰る───
というらしい。
一晩たつとが固くなって味がぐんと落ちる。
ウドはそうでもない。
-
輝面比33.988%
-
おだまきの蕾が膨らみ始めている。
花言葉は、勝利の誓い。

しょいこの中身

2012年2月17日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

ちなみにこちらは活性のお酒、雪男。
上手に開封できた図。
北越雪譜より。

120217-4.JPG

豊穣の泡

2012年2月17日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

米農家のKさんから手製どぶろくをいただいた。
麹の香り、以外と飲みやすいので
スイスイ飲める。
たぶんあとで悪酔いするのだろうか。
1.5リットルもあって、どうしよう。
とりあえず一番寒い玄関に置いてみる。
名前はまだないので考える。

120217-3.JPG

素朴な出来具合から、縄文式泡沫juice、と決めた。

白無垢

2011年11月10日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

収穫した白ごま約一升分が大阪へお嫁に行った。
昨年同様、おいしい焼き菓子になることでしょう。
直売所でくるみがたくさん売られていたので
ともに嫁ぐことになった。
-
朝の散歩道にくるみの殻が落ちているのは
誰の仕業だ?

あれ?

2011年11月 5日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

吹田くわいの収穫。
夏には順調に大きな葉が出て、
秋には順調に枯れていった。
吹田市のウェブサイトによると
そろそろ収穫しどき。
そっと根っこを掘ってみると...
小さいくわいが2個。
あれれ?たくさん実がついているものと思っていた。
とてもうまく育っているように思えたのだが
いったいどこへ行ったのだろう。
土の中に大きなミミズが寝ていた。

秋はどこへ行った

2011年10月 7日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

ごまの収穫。
刈り取って、枝をそのまましばらくのあいだ乾燥させる。

111007-1.JPG

雨降る日が多くてなかなか乾かない。

111007-2.JPG

あ、ごま虫が...。
とにかくよく乾かす。2週間くらい?

111007-3.JPG

ぱらぱらとごまが落ちる。
-
畑の冬支度。
たまねぎ、白菜。
-
現在お送りできる野菜は
じゃがいも、サツマイモ2種、かぼちゃ
にんじん、大根菜、春菊の赤ちゃん
長ネギ、にんにく
ご希望によっては栗、くるみも。

濃霧注意報

2011年9月25日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

ストーブをだした。
あまりの寒さにとうもろこしを食べている場合じゃない。
毛糸の靴下。

hærfest

2011年8月10日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

現在お送りできる野菜は
とうもろこし、じゃがいも、トマト2種、きゅうり
なす、ピーマン、レタス
オクラ、春菊(少しだけ)、にんにく
バジル、カレンデュラ
-
雨が降るとすぐにお送りできない場合もあります。
メールお待ちしています。

110810-3.JPG

さわさわと風が吹く

2011年7月 9日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

とうもろこしがヒューっと伸びてきた。

110709-1.jpg

昨日、新潟TVで言っていたのだが
とうもろこしはひげがわさっとしているやつが
粒が多くておいしいそうだ。
選ぶ時のコツはわさっとしている、だ。
-

110709-2.JPG

こちらの地方のなすは丸くて小さい。
巾着なすという。
ばあちゃんの巾着袋だ。
和歌山からやってきた品種と
自然交配してできた魚沼の地野菜。
ふつうの長なすや水なすよりも
実が引き締まった感じ。
今日はきゅうりとあわせて冷やし汁。

110709-3.JPG

採れたてのきゅうりって絶対おいしい。
カッパにあげるのはもったいない。
-
現在お送りできる野菜は
きゅうり、なす、ピーマン、にんにく、
ほうれん草、春菊、ロメインレタス、
コリアンダー、赤カブ、カモミール、
ひまわりの苗です。
メールお待ちしています!


さじ加減

2011年6月23日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

なすの花が咲いてもうじき実がつきそう。
今日も午後からスコールの予定。
昨日は干したブランケットやセーターが全滅。

110623-1.JPG

きゅうりは初物収穫!
でも最初の1本って以外においしくもないのだ。
みずみずしさでこの蒸し暑さをしのぐ。

110623-2.JPG

午後、ずっと向こうの方の田んぼで消毒作業を発見。
窓を閉める。
あのじいさんは消毒が大好きらしく
徹底して消毒する。
Aが化学物質過敏なのはこの環境のせいだろうな。
昔はこの辺りでもヘリコプターで農薬散布をしていたらしい。
-
自宅の吹田くわいはこのように成長中。
緑のポットがそれ。
実をくれたSさんの発育状況写真を見せてもらったが
この倍くらいしっかり育っている。
くわいはやっぱり沼みたいに育てないと。
明日からポットに工作して沼化する予定。

110623-3.JPG

-
今年初めて栽培したフィーバーフューを収穫。
朝から偏頭痛のAにフレッシュティにして飲ます。
そうしたら効果てきめん。
頭痛の種が消えたとか。
対処だけでなく予防にもいいらしい。
-
変な気候、赤焼け。


山の山菜

2011年6月 9日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

神社の山へ山菜採りへ。
-
香りがワイルドなみょうが。

110609-11.jpg

しゅで、ぜんまい、せり、山水菜...
えーといろいろ。

110609-12.jpg

しゅでは探すのが難しかった。
なんだか似ている芽が多くて。
-
母上と山の奥へ

110609-13.jpg

神社の入り口に湧き水が流れている。
かなり遠くからも人々が水を汲みに来る。
越後の名水に選ばれているそうだ。
その水源(滝谷)を探って、
山の上まで歩いてみる。

110609-14.jpg

水源近くには役行者の祠があった。
やはりここは修験道の地。
手をあわせて水を汲み、山を下りた。
-
父上手作りのぶよ避けの帽子を被っていったので
今日は刺されずにすんだ。
昨日に刺された腕はかなり大きく腫れている...
一昨年に両まぶたを刺されたときよりはマシか。


山菜市

2011年5月20日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

本日はご近所からのもらいものの山菜と
無人直売所の山菜。
木の芽、たらの芽、こしあぶら、うど、うるい、またたび。
-
木の芽はうずらの卵を落としてぺろり
たらの芽、こしあぶらは天ぷら
うどはきんぴら
うるいは酢味噌で
またたびは塩漬け
山菜天国。
-
今年はしおでに巡り会わなかった。
たしかダム湖の近くのおばさんが販売していたような。
21日に大山菜市がある。

林の山菜

2011年5月19日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

輝面比98%の翌朝には
山菜採りに山へ行きたいところだが
yを背負って行くのは難しいし
クマが出たら逃げ切りそうにないので
麓の林へ行くことにした。
山菜名人の父上は山からは引退宣言をしたので
山菜達人の母上と向かう。
-
林の入り口ですっかしを見つけて二人でかじる。
酸っぱくてさっぱり、パリパリと1本食べる。

110519-1.jpg

しばらく行くとすっかんばを見つけて二人でかじる。
これはすっかしよりも太くて茎の中は中空、
やっぱり酸っぱくて元気が出てきた。
タデ科の植物。

110519-2.jpg

げんのしょうこ(例のおなかに良い薬草ですね)や
すっかりほけてしまったこごめ(こごみのことをこちらではこう言う)。
-
本日の目的の木の芽を摘みながら
どんどんとダム湖へ向かって歩く。
木の芽はあけびの新芽、柔らかくておいしい。
ところどころにぜんまいが、
柔らかな光を浴びてすっくと伸びている。

110519-4.jpg

帰り道で菊咲き一輪草を摘んで
本日の山菜とりは終了。

110519-3.jpg

family heirloom

2010年11月12日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

初秋に食べそびれたロシアトマト(RUSSIAN BLACK)だが
その後、父が緑のまま収穫しておいたものが送られてきた。
しばらくすると赤く色づき食べ頃となり
思いがけず味見をすることができた。
甘すぎずさっぱりとしていてさわやか。
それでいて何かを秘めた奥ゆかしさのある
果肉、表皮は赤黒く、柔らかで瑞々しい。
桃太郎よりも優しくて
胸張ってトマト然としていない
フツーなところが好きだな、と思った。

101112-1.jpg


このトマトはエアルーム・トマト。
エアルームとは、アメリカ移民
もしくはアメリカ原住民やアーミッシュによって
栽培され続けてきた品種
または、家族伝来の宝石や家具のように
歴史を持って受け継がれている品種のことを言う。
広くはF1のように人為的に
交配された品種では無い品種としての意味も持つ。
親から子へと固定した形質が受け継がれている、つまり「固定種」。
日本で「伝統品種」と呼ばれているものもこれの一種だろうか。
人為的交配と違い、見た目、生育、収穫などが均一でないが
これは本来どの生物でも保有する
「個体もしくは集団の多様性」と言われるもの。
この多様性こそがエアルームの良いところ。
自給食材の未来を担うと言われている。
特にトマトは品種数がとてつもなく多い。
来年はロシアトマトの他にもいくつか育ててみる予定。
何でもトライしてみようと思うので
希望の品種がある方はご一報を。

眠らない冬眠

2010年11月12日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

さといも収穫中。
冬の畑準備が進んでますが
今回は新潟父におまかせ。
ゴマ畑の整理整地、ネギの土寄せ、白菜の世話
さといも干し、さわし柿づくり......
にんにく、玉ネギの準備も。
来年の畑の土について、父と相談。
山の畑の土は少し足すことになりそうだ。
-
私は明後日、引越。
期間限定の関西生活。
新潟までは遠いので
冬に入るのを機会にしばらく畑はお休み。
-
現在お送りできるのは
さといも、じゃがいも、さつまいも
ほうれん草、春菊、かぼちゃ
にんじん、ごぼう、柿
その他いくつかの菜っ葉。
新米もまだあります。
引き続きご注文お受けいたします。

食卓の愚人

2010年10月20日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

バターナッツかぼちゃをジャムにした。
とってもおいしいのでおすすめ。
砂糖とレモン汁で煮てシナモンで風味付け。
ジャムおじさんのお母さんよりも
上手に作れたと思う。
-
輝面比93.411%。

秋の収穫

2010年10月13日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

きゅうりの季節が終わったので
代わりにかたうりが送られてきた。
漬け物がおすすめということだったので浅漬けに。
奈良漬けなどが良いみたい。
縞の入ったかたうりが加賀の伝統野菜にあるが
味が違うのだろうか。

101013-1.jpg


101013-2.jpg


-
ロシアトマトがやっと赤くなったのだが
行き違いがあり食べる前に他の家に送られてしまった。
何ヶ月も待ったのにちょっと残念。
桃太郎とはかなり味が違うらしい。
来年また蒔く予定。
-
家の畑の枝豆が豊作。
家の畑は日陰になる部分があるので
猛暑の今夏にはちょうどよかったのかもしれない。
食べきれない分ははじき豆にする。
-
さつまいも収穫中。
-
現在お送りできるのは
さつまいも、じゃがいも、かぼちゃ
枝豆、大根菜、春菊、ベビーほうれん草
ピーマン、なす...。
-
輝面比36.281%。


squashとpumpkin

2010年9月24日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

夏の野菜はほとんど終わり。
あとはロシアトマトを残すのみ。
まだ青い。
-
バターナッツかぼちゃがたくさん実り
新潟の畑から送られてきた。
初めての収穫。
ひょうたん型で大きな黄色いかぼちゃ。
サクサクとナイフが入る。
下半分に種が入っていて
美しい山吹色の実。
栗かぼちゃと比べて水っぽいので
スープとサラダにしてみたが
濃厚だけど後味サッパリ。
明日はマフィンにしてみようか。
シフォンケーキやジャムもいいかもしれない。

100924-1.jpg


「ジャガイモを食べる人々」

2010年8月 7日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

朝4時過ぎ。
唯一涼しい時間。
車窓より、八海山と田んぼ。
今年は暑いので良いお米がとれるかも。

100807-1.jpg
-
ゴマ畑。白い花をつける。
順調、順調。
まだゴマ虫はいない。

100807-2.jpg

隣はジャガイモ畑。

100807-3.jpg

試しに一株掘ってみる。

100807-4.jpg

自宅に持ち帰り、蒸かしてバターと塩で食べる。
バターは新潟市の方の塚田バター。
阿賀野川の方みたいだ。
ジャガイモはほぼ完熟。
もう収穫しても大丈夫そうだ。
収穫したジャガイモは
見晴らし荘の1階で風に当てて干す。
堀りたてのジャガイモは本当に美しい色をしている。
-
オランダに行ったとき、ジャガイモの絵画をたくさん見た。
彼らの主食はジャガイモなので
中世の昔から生活の傍らにはジャガイモがあった。
でもどの絵画もとてつもなく暗い。
ジャガイモは貧困の象徴。

100807-5.jpg

しかし中世ヨーロッパの度重なる飢饉を救ったのもまたジャガイモだ。
あまり陽の目を見ることのない野菜だが
みんな大好きフライド・ポテト。
そういえばスコットランドでもドイツでも
一番おいしかったのはジャガイモ料理だったような気がする。
オランダで一番感動したのはコロッケやポテトの手動自販機を使った瞬間。
駅での待ち時間などに何度もお世話になった。
アムスの有名建築家F氏の部屋には自販機の絵画がかけてあった。
オランダ人にとっては自販機は郷愁なのだろうか。
-
収穫まっさかりです。
現在お送りできるのは、ジャガイモ、玉ネギ、とうもろこし
トマト、なす、きゅうり、パクチー、バジル
イタリアンメスクラン、エンダイブ、オクラ
などなど、あと数種の葉ものがあります。
これらを取り混ぜてお送りします。
今年は天気が良すぎるせいで
トマトやきゅうりやとうもろこしの皮が厚めです。
保身のためでしょうか。
トマトやきゅうりは皮を剥いて食べることをお勧めします。
とうもろこしは...しょうがないですね。味は甘いです。
焼いて食べてもおいしいです。

河太郎

2010年7月16日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

諸事情で今年は新潟へ戻る頻度が少ないので
現在初夏の野菜を新宿に送ってもらって食べている。
とりわけキュウリがなぜかとてもおいしい。
調理しなくても気軽にポリポリとかじれるところがいい。
最初のうちはそば味噌をつけたり、塩をかけたり、醤油をつけたり
オリーブオイルやごま油+酢をかけてみたり
マヨネーズつけたり、チーズのせたり、しそで巻いたり
砂糖つけたり、きなこかけたり...いろいろ味付けをしていたが
結局何もつけないで食べるのが一番気に入った。
ほとんど水がわりに数本かじる。
カフェインが苦手なので
麦茶、ほうじ茶、番茶、ハーブティを
ローテーションして飲んでいたのだが
最近はそれさえも受け付けず水か白湯ばかり飲んでいた。
キュウリという味の変化がついて嬉しい。
-
カッパはキュウリと尻小玉が好き。
キュウリは水神へのお供え物として
川に流す風習が残っていることからなんとなく結びつくが
尻小玉は何で好むのだろう。
遠野の物語によると、その昔大工は人手が足りないと藁人形をこしらえて
魂を吹き込んで手伝わせ、建物が完成すると人形を川に捨ててしまう。
その時、人形が何を食べていけばいいんだと大工の棟梁に聞いた。
棟梁が人間の尻小玉でも食えといったそうな。
そしたらその人形が河童になって尻小玉を食べるようになったとか。
おいしいんですかねぇ。

陽の光も青く

2010年6月16日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

私の身体的マイナートラブル続出で
ハーブ類の種蒔き時期に畑に出られなかった。
今年はすっかり父まかせで畑が進んでいる。
父ははりきっているけれど。
ハーブは今年は少量多品種に挑戦。
カモミールは昨年からの根株に引き続き
新規でパラパラと。
バジルは数品種あることを種屋さんから教えてもらい
実験的にいくつか蒔く。
大好きなコリアンダーは昨年野生化(!)して
食べたことのない雑味になったので
今年は収穫時期に要注意。
ロシアトマト、クミンは初蒔き。
レモングラス、レモンバーム、その他いろいろ...。
種屋さんがオマケでいろいろくれたので
その中から10品種くらいを蒔く。
-
玉ネギの収穫。
ざっと100株。
父から電話があり
新しい農具小屋に新しい「干すシステム」を考え出したとのこと。
効率的により風通しよく玉ネギを干せるようになったらしい。
-
現在お送りできる野菜は
ほうれん草の赤ちゃん、春菊、玉ネギ、さやえんどう。
どれも初夏らしく柔らかでさっぱりしている。
春菊はたっぷりのお湯で少しだけ茹でてもおいしいけれど
私は生で食べるのが好き。
さやえんどうはすごく甘い。
お送りするときは夕方6時採り、翌朝着の便です。

lu' ? n?r

2010年1月13日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

陰月期。
動物性食品を控えて野菜を食べる。
ネトルティをたくさん飲む。
静かに穏やかに過ごす。
輝面比11.927%
-
そろそろお送りできる野菜がなくなってきました。
現在お送りできるのは自慢のキャベツです。
蝶々がつかないように
ネットをつけて育てたかわゆい子たちです。
キャベツ大好きという方がいらっしゃいましたら2-3個お送りいたします。
昨年はいろいろな方に野菜をもらっていただいたおかげで
余ることなく上手に消費しています。
皆さま、どうもありがとうございました!
しばらく雪の季節になりますので畑の状況はお届けできませんが
たまにメモをのぞいてください。
降り積もる雪の情報、雪国の暮らしなどをお伝えします。
新潟の春は5月からです。
今年は苗植えツアーを組もうと思います。
詳しくはまた春先にここでお伝えします。

石の日

2010年1月 4日 nnkkr | | コメント(1) | トラックバック(0)

キャベツがとても甘い。
雪にさらされたせいなのだろうか。
私が好きなのは蒸しキャベツ。
蒸し器で3分くらい。
-
キャベツには蝶がつかないように
覆いをして過保護に育っている。
-
現在お送りできるのは
キャベツとさつまいも、にんじん、大根。
だんだん種類が少なくなってきている。
-
輝面比80.252%。


ロシア帽とミノムシ・コート

2010年1月 4日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

今年もヨロシクお願いいたします。
-
猛吹雪の年明け。
満月のはずなんだけど
ホワイトアウトしてる。
-
一晩で1メートル積もる。

100104-1.jpg

-
夜中の散歩。
積雪量はすでに私の身長
つまり165センチくらい。
背後の少し高くなっているところは
2メートルを優に超える。

100104-2.jpg

-
家の中で身体が凍るかもしれない。
さつまいもにあたたかい毛布をかける。

100104-3.jpg

ごまパワー

2009年11月30日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

今年は白ごま。
2升くらい収穫できた。
ザルでざぶざぶ洗って
ゴミを丹念に取り除き(これが大変!)
よーく乾かして出来上がり。
昔懐かしの海苔の瓶に保存。

091130-2.jpg

おすすめはごまジャム。
パンに塗ったりヨーグルトに入れたり
とてもおいしいし食べ応えがある。
ごまを擦っていると手がツルツルしっとりしてくる。

parallelogram

2009年11月30日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

ヤーコンを収穫。
その場に立ち会えなかったのでまだ実物を見ていないが
1本の木から何本もとれた模様。
ジュースでしか飲んだことないが
炒め物(特にきんぴら)がよろしいと
農具小屋の大工の棟梁が言っていた。
フラクトオリゴ糖やポリフェノールをたくさん含んでいて
整腸作用、脂質の改善をするようだ。
偏頭痛の方は食べない方がいいですね。
故郷のアンデスではフルーツのように食べられたり
葉を煎じてお茶にしたりしているとか。
-
もうすぐ満月。
過ぎた頃に山へ苔狩りに行く。
-
鳥の種類をよく知らないのですが
この鳥はカモメですか。

091130-1.jpg

ポクポク

2009年11月24日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

さつまいもの収穫は終わり
新聞紙に包んで段ボールへ小分けしている。
しばらく冬の間、一番お世話になる野菜かな。

091124-1.jpg

ポクポクしているおいもが食べたいという父の要望で
今年はカンパチ(関東83号)を主に作った。
カンパチは水分が少なく貯蔵性に優れ、収量も高い。
-
紅東はどちらかというとねっとりした感じ。
焼き芋にするとお菓子みたいに甘い。

091124-2.jpg

ところで
今は焼芋鍋っていうのがあるんです。前から?
底に石が敷いてあって手軽に焼き芋が作れる。
東京のうちではストーブを使えないので
10年くらい前からこれを使っている。
こつは長ーい時間をかけて焼くこと。
じゃがいもでもなんでも焼ける。
-
にんにくもいっぱい収穫したのだ。

091124-3.jpg

市販のものよりも香りが強く
部屋に置いておくことができないので
農作業小屋の隅に箱に入れてしまう。
イタリア料理でももちろんおいしいけれど
私は丸ごとお鍋に入れるのが大好き。
スープがなんともおいしいし元気がでる。
柔らかくなったにんにくを
最後にパクッと食べちゃう。
-
紅東はあんまり作ってないので
お送りできる分が少なくなってきました。
食べてみたい方はお早めに!
カンパチはたくさんありますよ。

冬へ向けて

2009年11月17日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

今秋は多くの文化催事と度重なる風邪っぴきで
畑に出ることがままならなかった。
ようやく収穫した野菜たちを
冬へ向けての貯蔵体制にもっていくことができたので
ひさびさにメモを更新します。
-
冬の野菜たちもそろそろ出てきてます。
現在お送りできるのは
さつまいも(2種)
じゃがいも
さといも
春菊
ほうれん草
にんじん
大根
白菜
長ネギ
にんにく
白ごま
など。
-
かぼちゃはたくさん採れたのですが
もう旬をすぎてしまい
トロトロに煮くずれてしまうので
出荷を停止します。

長雨

2009年7月 3日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

じゃがいも、収穫、撤去。
只今、小屋にて乾燥中。
-
さといも、土寄せ。
胡麻、草取り。
-
雨で雑草繁茂中。
-
夏野菜が始まりつつあります。
現在お送りできるのは
ほうれん草、春菊、きゅうり、なす、
堀りたてじゃがいも、クレソン、チコリ、夏菜など。
雨の合間をみて収穫します。
ご注文お待ちしております。

収穫 0610

2009年6月10日 nnkkr | | コメント(0) | トラックバック(0)

現在お送りできる野菜は、ほうれん草、春菊、水菜、赤カブ、さやえんどうなど。
場合によっては大根の間引き菜も。
緑の菜葉類はクロロフィルをフィトケミカルとして含んでいます。
がん予防やコレステロールの調整などに効果があるとか。
赤カブは生でもおいしいですが、甘酢の漬け物にするのもおすすめ!
-
野菜便ご希望の方はメールをください。
2-3日中にお送りします。
配送は宅急便(ヤマト運輸)で時間指定でお送りします。
詳しくはメールでご連絡します。
メールお待ちしています。